明浜小日記

人権参観日・校区別人権懇談会より

 人権参観日・校区別人権懇談会を行いました。公開授業では、相手のことを考えた行動や言葉のつかい方、いじめ防止、生きるということをそれぞれ主題として学習しました。また、人権懇談会では、2年生、3年生、6年生、保護者代表、教職員代表がそれぞれ標語を発表しました。全校で取り組んだ人権標語の作成が少しでも人権意識の向上につながればと思います。坊っちゃん劇場アウトリーチ部のみなさんの朗読劇「いのちのまつり」の感想発表では、子供たちが積極的に挙手して発表することができました。また、最後に行ったワークショップでは、人前で表現するときの大切なポイントを教えていただいたり、一寸法師の一場面を実際に子供たちに演技させていただいたりして、表現方法について指導していただきました。

 

 

授業より

 朝晩は寒いと感じるようになり、やっと秋らしくなり始めました。図工の時間には、4年生は、彫刻刀で版画制作、3年生は、読書感想画制作やかまぼこ板に絵を描くなど芸術の秋らしい活動を行っていました。

13日(日)は人権参観日です。校内には子供たちが描いた人権ポスター等を掲示しています。是非ご覧ください。

1年生教室前の廊下の掲示物を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

地区避難訓練に参加しました

 今日は、陸上大会参加者の練習を行いました。途中で、俵津地区の防災避難訓練があり、子供たちも参加し、下の谷農道に避難しました。「津波警報が発令されました。」の放送に運動場の中央にしゃがみ込んで揺れが収まるのをまち、その後避難をしました。特に、指示はしませんでしたが、自分の判断で水筒を持っていく子供もいました。これまでの訓練が活かされていると感じました。

 

防災マップづくり

 愛媛大学防災情報研究センターより二神先生と学生のみなさんに来て頂き、防災マップ作りを行いました。大きい白地図で自宅の位置を確認し、続いて避難場所をマークしました。思ったよりも白地図上での自宅の位置に手間取りましたが、上級生が下級生に優しく教えながら活動できていました。次はマップ上に危険箇所等を載せていきます。地域を歩きながらの活動になります。

研究授業・発表集会等より

 4年生の発表集会を行いました。総合的な学習の時間に学習した「福祉」の内容についての発表でした。バリアフリーやユニバーサルデザイン、点字、手話などについて大きな声でわかりやすく発表できました。

1年生では道徳科の研究授業を行いました。「生きものにやさしく」を題材に動植物に優しい心で接する心情を育みました。授業の途中で、廊下で飼育している昆虫の声を聞きに行きました。子供たちには昆虫の声がいろいろ聞こえたようです。

 3年生は、図画工作の時間に「読書感想画」を描きました。読んだ本の印象に残った部分を想像して絵に描いて行きました。

 2年生の音楽では「いるかはざんぶらこ」をタンブリン、鈴、カスタネットを使いながら楽しく合奏しました。