フレンドシップドール集会

「フレンドシップドール集会」が行われました。フレンドシップドールとは、戦前にアメリカから贈られた、友好の人形です。全国の学校に約13000体贈られましたが、戦時中に壊され、現存しているのは愛媛県ではわずか5体です。そのうちの3体が本校にあります。思いやりの心で人形を残してきた、先輩方の意志を受けついでいこうとする気持ちを高めました。集会の中では、先日「夢チャレンジ事業」で訪問した神領小学校との交流の様子も紹介されました。人形をとおした交流が、広がっていることを強く感じました。