子ども文楽体験に参加しました

7月9日(火)  

 5・6年生が三瓶町の文楽会館を訪問し、子ども文楽交流会に参加しました。人形1体を3人で動かすという繊細さが求められる操作に子どもたちもかなり苦労したようです。人形は、なかなか思うように動いてはくれなかったようですが、文楽の人形の操作という貴重な体験をすることができました。また、人形の衣装も手にとって見せていただきました。指導していただいた人間国宝 吉田和生先生が操作されたときの人形の動きは言葉では表せないほど細かく繊細なものだったそうです。伝統芸能に触れることができた1日でした。