明浜小日記

Jアラート訓練を行いました。

 今日は、「児童生徒をまもり育てる日」であるとともに「津波防災の日」でした。10:00からJアラートを使った避難訓練を行いました。机の下に隠れて、頭を守る姿勢をとりました。また、机の脚をしっかり持つこともしっかりできました。

社会科見学に行きました(1・2年生)

 1・2年生が社会科見学に行きました。宇和の「まなびあん」では読み聞かせをしていただき、その後、本を借りるなど自由に読書を楽しみました。お昼は御旅公園でお弁当です。いい天気のなか、どんぐり拾いなどで「秋」を感じ、楽しいひとときを過ごしました。

 

 

 

手話教室を行いました

 4年生で手話教室を行いました。手話通訳士と地域の方に協力していただきました。「口話」を使って伝える活動をしましたが、なかなか伝わらないことを体験し、次に「ジェスチャー」を使うとよく伝わることを学びました。さらに「手話」を使って自分の名前を伝える活動を行いました。

~4年生の感想より~

 今日の話を聞いて、耳が不自由な人のことがよくわかりました。ぼくたちが話したり聞いたりしていることが耳の不自由な人はできないため困っていてその人たちの気持ちになって考えることが大事だと思いました。ぼくは、これから手話をもっと身につけて耳の不自由な人とも話ができるようになりたいです。今日はぼくの名前が通じてうれしかったです。

 

 

昔の遊びで楽しみました!

 地域のみなさんに協力していただき、1,2年生で昔の遊び体験を行いました。始めに「お手玉づくり」の工程を教えてもらいました。今回作っていただいたお手玉は、布の中に真珠の核が使われている本格的なものでした。握ったときの手触りと音が心地よいお手玉でした。その後、「お手玉」「けん玉」「おりがみ」「おはじき」「あやとり」のグループに分かれ、それぞれの遊び方を教えてもらいました。ご協力いただいた地域のみなさん、ありがとうございました。

読み聞かせを行いました!

 今日は、読み聞かせを行いました。今回は中学生も協力してくれる等、たくさんの方々に支えて頂いていること感じました。あけはま座のみなさんには、読み聞かせだけではなく、廊下に展示している本の整備もしていただき、読書環境を整えて頂いています。本当にありがとうございます。